更年期障害のための鍼灸治療

「急に顔がほてって、汗がどっと出る」、「特に理由はないのに、なんだか気が滅入る・イライラする」、「生理の周期が乱れてきた」・・・これらの症状は、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる更年期障害の症状の一例です。

日本人の女性の閉経年齢は、平均51歳といわれており、一般的に閉経をはさんだ前後10年間(45歳~55歳)を「更年期」とよびます。(ただし、閉経年齢には個人差があるので、40代前半から更年期を迎える人もいます。)

更年期障害は、閉経にともなう卵巣機能の低下により、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することで起こります。

症状として、生理不順、不正出血、息切れ、動悸、不眠、不安、イライラ、気分が落ち込む、頭痛、めまい、吐き気、肩こり、腰痛、手足の冷え、ほてり、のぼせ、発汗、痒み、疲労感、食欲不振、など実にさまざまです。
自律神経失調症状と精神症状が相互に影響しあうため、更年期障害の症状が複雑になるのです。

鍼灸治療では、全身状態を総合的に診ていくので、それぞれの症状に合わせた治療をおこなうことができます。
また、自律神経やホルモンバランスを整えることにより、さまざまな更年期障害の症状を軽減することが期待できるのです。

千里堂治療院では、鍼灸とともに手技療法(マッサージ)もあわせておこないますので、リラックス効果も高まり、更年期障害の精神症状(憂うつ、イライラなど)を和らげることもできます。
更年期障害で現れるさまざまな症状を少しでも改善していくことにより、快適な更年期を過ごすお手伝いができたらうれしいです。

>>更年期障害について当院で行った研修会報告

更年期障害のための鍼灸治療は

総合はり治療の60,90,120分の各コースで受けられます

千里堂の治療は、鍼を刺して寝かせておくだけのような治療ではありません。
「つきっきりで丁寧な治療」という方針でおこなっておりますので、必ず電話予約の上ご来院ください。


ご予約は通話料無料のフリーコールをご利用ください。ご予約はこちら

子宝鍼灸(不妊専門治療)・痔の専門治療は予約電話の番号が異なります。

子宝鍼灸の予約
痔の専門治療のご予約はこちら

地図・アクセス

地図

千里堂への詳しい道順はこちら

お知らせ

トイレが新しくなりました!

更新情報

上肢の痺れのための鍼灸治療
体がポカポカ感じます
月に一回通院しています
脱毛が落ち着き、毛も太くなってきました
流産して身体がきついときに駆け込んで、今では妊娠6ヶ月!

経絡リンパセラピーのご紹介

本代を上回る特典つき!経絡リンパセラピー

特典の内容はコチラ

本の購入はコチラ

健康良品のご紹介《受療者様には優待販売もあります》

千里堂の通販ショップはコチラ

受療者様向け優待販売はコチラ

line
fb

メールでのご相談はこちら
ページ上部へ戻る