子宮筋腫のための鍼灸治療

子宮筋腫のための鍼灸治療は、丁寧な施術が大切です。
鍼を刺して寝かせておくだけの治療ではなく、丁寧なつきっきり治療に取り組んでいます。
駅そばの商店街内1階で、何人もの鍼灸師がいる予約制の鍼灸院です。
鍼灸が初めての方も、安心しておいでください。

子宮筋腫は、女性の5人に1人が持っていると言われるほど一般的な婦人科疾患です。
月経過多(月経量が増える)、貧血、重い生理痛、不正出血(生理以外の出血)は子宮筋腫の代表的な症状です。

頻尿、便秘、下腹のふくらみ、腰痛などがみられたり、不妊や流産のしやすさとも関係することがあります。
また、薬の副作用で、のぼせ、肩こり、めまいなど更年期のような症状に悩まされることもあります。

医師に子宮筋腫と診断された中には、「経過観察中」「治療しながら様子を見ている」「手術をすすめられている」など、さまざまな段階の方がいらっしゃると思います。
初めて診断されて、「まだ小さいから経過観察しましょう」と言われたけれど不安な方もあるでしょう。

「体質改善に取り組んで、予防したい」
「病院での治療と並行して薬の副作用の軽減をしたい」
「手術に備えて免疫力を高めたい」
など、鍼灸治療に対するご希望もさまざまだと思います。

子宮筋腫の原因は明らかになっていませんが、エストロゲン(卵胞ホルモン)が関係していると言われます。
女性であれば誰でもが発症する可能性はありますが、発症するかどうかは、血行の状態や免疫力の違いにも関わってくるようです。

子宮筋腫を発症してしまった裏側には、冷え性体質だったり、ストレスを溜めやすい、便秘がち、睡眠不足などによって血行が悪く免疫力が低下してしまっていたことがあるからかもしれません。
子宮筋腫の状態を改善、または維持、悪化させないためには、血行促進とともに免疫力を高めることが大切なのです。

鍼やお灸の刺激は、ストレスから体を守る血液中のリンパ球を増やしたり、自律神経のバランスを整える効果が期待できます。
また、冷え性や便秘症、ストレスや睡眠の質など少しずつ改善して体質改善を目指すことで、あなたの体に備わっている自然治癒力・自己免疫力を最大限に引き出すことができるのです。

  • 丁寧なつきっきり治療をやってくれる鍼灸院を探している。
  • 安心できる環境で治療を受けたい。
  • つらい症状で悩んでいるが、どんな治療が合うかわからない。
  • 予約制で長く待たされない治療院がいい。
  • 医師に診てもらっているだけでなく、他にもできることをやりたい。
  • 症状が悪化しないようにしながら、少しでも生活の質をアップしたい。
  • 土曜・日曜もやっている治療院を探している。
  • 指名料を取られたり回数券を買わされたりしない治療院がいい。

千里堂の治療は、鍼灸だけでなく手技療法(マッサージ)もあわせた総合治療です。

人体は全身がつながっているので、全身の状態を整えていくことが大切です。

当院では、血液循環やリンパ流の促進、自律神経やホルモンバランスの調整といった全身状態を改善することを目指します。

鍼

体表の浅いところだけでなく、消化器・循環器・泌尿器などの内臓や骨盤内の状態も整えて、つらい症状の軽減にお役に立ちたいと考えています。

少しでも楽に過ごせるようになって「生活の質」を改善したいものです。

千里堂の治療が、あなたの生活改善のお役に立てれば幸いです。

慢性化している症状も放置せず、あなたの大切な生活を快適にしてください。

子宮内膜症のための鍼灸治療

子宮腺筋症のための鍼灸治療

子宮筋腫のための鍼灸治療は

総合はり治療の60,90,120分の各コースで受けられます

千里堂の治療は、鍼を刺して寝かせておくだけのような治療ではありません。
「つきっきりで丁寧な治療」という方針でおこなっておりますので、必ず電話予約の上ご来院ください。


ご予約は通話料無料のフリーコールをご利用ください。ご予約はこちら

子宝鍼灸(不妊専門治療)・痔の専門治療・妊娠中の方のための専門治療は予約電話の番号が異なります。

子宝鍼灸の予約
痔の専門治療の予約
妊娠中の方のための専門治療

地図・アクセス

千里堂への詳しい道順はこちら

お知らせ

更新情報

顔面神経麻痺の症状が改善してきました
子宝治療で2人目を妊娠しました!
「そう、ソコ!」という場所に鍼を打ってくれます
痔から卒業できることが分かり、元気が出ました!
臨月にお世話になり、大安産でした!

経絡リンパセラピーのご紹介

本代を上回る特典つき!経絡リンパセラピー

特典の内容はコチラ

本の紹介はコチラ

健康良品のご紹介《受療者様には優待販売もあります》

商品の紹介はコチラ

受療者様向け優待販売はコチラ

line
fb

メールでのご相談はこちら
ページ上部へ戻る