◆◇◆ 食べ物にも気をつけましょう! ◆◇◆

紫外線はお肌のシミ・老化などに非常に強い悪影響を及ぼします。
紫外線対策の方法も色々とありますが、日焼け止めを塗っていればすべてが防げるというわけではありません。
食べ物には気をつけてますか?

食べ物による紫外線に負けない体づくりをすることは、重要なポイントの一つです。
紫外線で起きる活性酸素を抑制してくれる働きのあるビタミンCやビタミンEが代表的な食べ物ですが、ビタミンCは一度にたくさん取っても蓄積されず、使い切れなかった分は排出されてしまうという性質があるので、一日に何度もこまめに摂り入れることが重要です。

おすすめの食べ物は、ブロッコリーやいちご、キウイフルーツなどで、ビタミンCをたくさん含んでいるといいます。

ビタミンEは細胞膜の酸化を防ぐため効果があり、ビタミンCと一緒に摂取するのがおすすめです。

カカオポリフェノールという紫外線対策に良い成分を多く含んでいるココアや、モロヘイヤやほうれん草など皮膚の免疫作用をあげるβカロテンが豊富な食事も良いでしょう。

そして知られていないのが食べ物に含まれる「光毒性」です。
これは一見紫外線対策に有効と思われる食べ物にも含まれていて、シミ・ソバカスなどを悪化させてしまう成分です。
有名なところではレモンやオレンジなどの柑橘系のたべものでしょう。

しかし、それらの食べ物が全てにおいて悪いというわけではもちろんありません。
体によい栄養素も沢山ふくまれています。
ただ、紫外線対策を考えるのなら、朝ではなく夜に食べると良いでしょう。

お肌の手入れは、毎日のマメな努力が必要になります。
無理なく生活に取り入れていきましょう。


>> ほかのコラムも読む

>> 千里堂調布治療院(男女とも可)トップページへ

>> 千里堂経堂治療院(女性専門)トップページへ