脱毛症について

髪の生える仕組み(毛周期)

毛髪には、毛周期というのがあり、一般的に男性の場合は2~5年、女性の場合は4~6年といわれています。
周期は大きくわけて成長期、退行期、休止期に分かれます。

成長期

毛母細胞が分裂を繰り返し、毛髪を成長させる時期。

退行期

毛髪を成長させていた毛母細胞の分裂が減少し、成長を終えた毛球部が縮小を始める時期。

休止期

毛母細胞の活動が完全に止まり、毛髪が頭皮に留まっているだけの時期。
自然に脱毛する。

1日に抜ける本数が100本以内であれば、特に問題ありません。
また脱毛が多い方は、成長期が早くなり休止期の期間が長くなります。
休止期の時に、毛が生えてきやすくするため頭皮の状態を整え、成長期を長くする事が大切です。


円形脱毛症の原因

自己免疫疾患

免疫機能に異常が生じ、自分の体の一部分を異物とみなして攻撃してしまうことで、毛根が破壊されてしまい、元気な髪の毛が突然抜け落ちてしまいます。

ストレス

約3ヶ月前に起こった、何らかのストレス・生活環境の変化などが考えられると言われています。

遺伝的素因

家族内での発症が30%程度みられます。

アレルギー

喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を持つ人の場合、円形脱毛症が多く発症しています。

亜鉛不足

円形脱毛症になりやすい人は亜鉛不足の方が多く見られます。
亜鉛は皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素の1つです。


円形脱毛症の症状

単発型脱毛症

頭髪が円形に数ケ所抜ける。

多発型脱毛症

繰り返しやすく、頭髪が多発的に抜ける。

全頭型脱毛症

数ケ所の脱毛部がつながり、頭全体の毛が全て抜ける。

悪性脱毛症

頭髪が全部抜けて、まゆ毛・まつ毛・ひげも抜ける。

全身脱毛症

頭髪が全部抜けて、まゆ毛・まつ毛・ひげ・わき毛・陰毛・その他全ての毛も抜ける。


東洋医学からみた脱毛症

脱毛症については、東洋医学の世界でも古くから取り上げられています。
『内経』では脱毛を「髪堕」として述べていて、髪は腎と関係が密接であり、また、血との関係も密接とされています。

>脱毛症のための鍼灸治療

このページは、千里堂治療院第80回研修会資料をもとに構成しました。
-参考-
円形脱毛症百科HP/標準医療情報センターHP/ヘアケア情報局HP/『医道の日本 臨時増刊 美容と鍼灸』医道の日本社/教科書執筆小委員会著『東洋医学臨床論』医道の日本社

脱毛症のための鍼灸治療は

総合はり治療の60,90,120分の各コースで受けられます

千里堂の治療は、鍼を刺して寝かせておくだけのような治療ではありません。
「つきっきりで丁寧な治療」という方針でおこなっておりますので、必ず電話予約の上ご来院ください。


ご予約は通話料無料のフリーコールをご利用ください。ご予約はこちら

子宝鍼灸(不妊専門治療)・痔の専門治療・妊娠中の方のための専門治療は予約電話の番号が異なります。

子宝鍼灸の予約
痔の専門治療の予約
妊娠中の方のための専門治療

地図・アクセス

千里堂への詳しい道順はこちら

お知らせ

更新情報

顔面神経麻痺の症状が改善してきました
子宝治療で2人目を妊娠しました!
「そう、ソコ!」という場所に鍼を打ってくれます
痔から卒業できることが分かり、元気が出ました!
臨月にお世話になり、大安産でした!

経絡リンパセラピーのご紹介

本代を上回る特典つき!経絡リンパセラピー

特典の内容はコチラ

本の紹介はコチラ

健康良品のご紹介《受療者様には優待販売もあります》

商品の紹介はコチラ

受療者様向け優待販売はコチラ

line
fb

メールでのご相談はこちら
ページ上部へ戻る