千里堂はり灸マッサージ治療院 土曜・日曜・祝日も開院しています!
地図 予約方法 トップページ
www.senrido.com
写真でみる千里堂   開院時間   施術コース・料金   予約方法   スタッフ勤務予定   はり治療Q&A   サイトマップ
 

耳鳴り・難聴のための鍼灸治療B(第89回研修会資料より 2016年)

>>施術コース・料金   >>予約方法
>>耳鳴り・難聴   >>耳鳴り・難聴の原因
 
 
● 耳鳴り・難聴のための鍼灸治療 ●

(5)鍼灸治療
◎伝音性難聴・耳鳴りに対して
伝音性難聴の主たる病態は中耳炎による耳小骨の振動低下である。
耳小骨に付着している耳小骨筋(鼓膜張筋、アブミ骨筋)も振動増幅に関与している。

耳小骨筋に刺激を与え、耳小骨連鎖を強制振動させる目的で、三叉神経の第三枝下顎神経(鼓膜張筋)と顔面神経(アブミ骨筋)を刺激する治療を行う。
伝音性の耳鳴りは筋肉の活動や血管の変化から起こるもので、耳小骨筋や口蓋帆筋の攣縮を改善することが治療効果につながる。


◎感音性難聴・耳鳴りについて
感音性難聴に関しては様々な病態があり、その中に内耳の血流を良くすることは、蝸牛の有毛細胞の規定板に栄養を与えリンパ液の振動をキャッチする機能を高めることになる。

経穴としては耳門、聴宮、聴会、翳風、角孫がよく使用されるが、内耳は椎骨動脈につながるため、耳周囲のツボ刺激だけではなく、椎骨動脈に影響を与えるような頚部に対する刺激が大切である。

頚部の刺激中に耳鳴りの変化(音が小さくなったり大きくなったり、音の質が変化したり)が起こる時がある。
内耳の血流障害が主たる病態の場合は、そのような変化が起こりやすい。
逆に何度か治療を試みても変化がない場合は、内耳血流障害以外の病態(神経の変性など)が主であることが考えられる。
したがって、頸部に刺激した際の耳鳴りの有無が、治療効果が出やすいか否かの1つの判定となる。

 
 

【耳鳴り・難聴のための鍼灸治療】は
「総合はり治療」の
60分・90分・120分の各コースで受けられます。


千里堂の治療は、鍼を刺して寝かせておくだけのような治療ではありません。「つきっきりで丁寧な治療」という方針でおこなっておりますので、必ず電話予約の上ご来院ください。


>>施術コース・料金はこちらをクリックしてください。

>>予約方法はこちらをクリックしてください。


>>耳鳴り・難聴

>>耳鳴り・難聴の原因


 
【調布】治療院

予約専用フリーダイヤル
0120-076-078

商店街内【1階】で安心
調布治療院正面

調布治療院前通り

新宿から京王線 特急15分
調布駅広場口〜徒歩2分です

地図
 
このページは、千里堂治療院第89回研修会資料をもとに構成しました。 資料作成には以下の文献を参考にさせていただいています。 ありがとうございました。

−参考文献−
*『鍼灸OSAKA 56号 特集 耳鳴り』森ノ宮医療学園出版部
*『医道の日本780号 -現代医学的な病態把握に基づいた東大式鍼灸治療の実態 第9回 難聴・耳鳴り-粕谷大智』医道の日本社
地図 / 予約方法 / 開院時間 / 施術コース・料金 / スタッフ勤務予定 / はり治療Q&A / 写真でみる千里堂 / サイトマップ