千里堂はり灸マッサージ治療院 土曜・日曜・祝日も開院しています!
地図 予約方法 トップページ
www.senrido.com
写真でみる千里堂   開院時間   施術コース・料金   予約方法   スタッフ勤務予定   はり治療Q&A   サイトマップ
 

肩こり・腰痛について(第92回研修会資料より 2016年)


● 肩こり・腰痛についてB ●

◎腰痛にかかわる筋肉と病気

腰に痛みが出ると、骨盤の歪みが原因なのでは?と思う人が多いが、骨盤が原因ではなく、骨盤の回旋、拳上、下制が起きた後に元の正しい位置に戻らないことで、骨盤に付着している筋肉が緊張し凝り固まることで痛みの原因となる。


・腸腰筋
 大腰筋、小腰筋、腸骨筋の3つの筋肉から構成。
 腸腰筋が強く収縮していると骨盤は前に倒れる。

・大腿四頭筋
 大腿直筋、中間広筋、外側広筋、内側広筋の4つの筋肉から構成。
 腸腰筋同様に、強く収縮していると骨盤は前に倒れ反り腰になる。

・ハムストリングス
 大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の3つの筋肉から構成。
 ハムストリングスが強く収縮すると骨盤が後ろに引っ張られ、腰痛の原因になる。

・大殿筋
 骨盤から大腿骨に伸びている大きな筋肉で、大殿筋が強いと骨盤が後ろに引っ張
 られる。

・腰方形筋
 骨盤上部、腸骨、脊柱、肋骨をつなぐ筋肉。
 腰方形筋が強く収縮すると骨盤が引っ張り上げられ、収縮しているほうの骨盤の
 位置が高くなる。

・腹斜筋
 内腹斜筋と外腹斜筋から構成。
 肋骨と骨盤上部を繋いでいるため、収縮すると骨盤が引き上げられる。



◎腰痛にかかわる病気

*腰部脊柱管狭窄症
 腰部の脊柱管が狭くなると、神経が圧迫され、しびれや痛みを感じる。
 歩いていると徐々に痛みやしびれが表れ、途中で休まないと先に進めない。
 >>詳しくはコチラ


*椎間板ヘルニア
 椎骨と椎骨の間にある椎間板に圧がかかることで、髄核が外に飛び出し、神経を
 圧迫する。
 無理な姿勢、運動をしたり、重いものを持った時に起こることが多い。
 お尻や脚に痛みやしびれを伴うこともある。
 >>詳しくはコチラ


*腰椎すべり症
 椎骨と椎骨の間に緩みが生じ、上の椎骨が下の椎骨よりも前方にすべっていく。
 加齢による椎間板の劣化により、緩みが生じることでも起こる。


*ぎっくり腰
 ちょっとした動作によって、突然激痛が走る。
 はっきりとした原因はわかっておらず、筋肉や神経が関係していることもある。
 ぎっくり腰をおこして2〜3日後から、できる範囲で動いた方が早期回復につながる。
 >>詳しくはコチラ


※注意すべき症状
・安静時痛、夜間痛が著しく強いもの → 悪性腫瘍の可能性もある

・生殖器、消化器などの内臓症状を伴うもの → 内臓性腰痛の可能性もある

・膀胱直腸障害や中枢神経症状を伴うもの → 脊髄腫瘍の可能性もある


>>肩こり・腰痛について@

>>肩こり・腰痛についてA


 
【調布】治療院

予約専用フリーダイヤル
0120-076-078

商店街内【1階】で安心
調布治療院正面

調布治療院前通り

新宿から京王線 特急15分
調布駅広場口〜徒歩2分です

地図
 
このページは、千里堂治療院第92回研修会資料をもとに構成しました。 資料作成には以下の文献を参考にさせていただいています。 ありがとうございました。

−参考文献−
*『Tarzan No.688 肩甲骨&骨盤』Tarzan編集部

−ホームページ−
*日経ウーマンオンライン「困った肩こり、腰こり…凝りの3大原因は」
写真でみる千里堂 / 開院時間 / 施術コース・料金 / 予約方法 / スタッフ勤務予定 / はり治療Q&A / サイトマップ