肛門の締めゆるめ(任脈活性法)</td
 
全身を巡る12本の経絡のうち、「陰」に属する6本の経絡を支配している「任脈」(にんみゃく)を活性化します。体質改善にたいへん効果のある方法です。

肛門の締めゆるめ(任脈活性法) 上向けに寝て、お腹の上に両手を乗せます。
無理に手を組んだり重ねたりするよりも、両手は離れていてもよいので肘を床につく方が楽だと思います。

膝は立てるか、足を少し高く上げると良いでしょう。
できるだけ楽な姿勢であることが大切です。

リラックスしたら「腹式呼吸」をします。

息を吐くときに、お腹がしぼむように。
息を吸ったときには、お腹が膨らむように。
呼吸に合わせて、お腹が上下していれば上手にできています。

そして、呼吸に合わせて、肛門を締めたりゆるめたりします。

息を吐きながら、ぎゅーっと肛門を締めます。
排便をガマンする要領です。肛門が体内にしまい込まれるような感覚で。

続いて、息を吸いながら、ゆったりと緩めます。
この時は緩めるだけ。力を入れて肛門を開こうとしてはいけません。

お風呂の中でやるのもいいですね。

慣れてくれば、寝なくても、座ったままや立っていてもできるようになります。
ヒマを見つけては繰り返しおこなってください。

20回1セットで毎日3セットを目標にしますが、無理に回数を数えなくても構いません。
自宅でも外出先でも、いつでもどこでも気づいたら、その時すぐにやりましょう。