◆◇◆ 冷房対策 ◆◇◆

日に日に暑くなり、会社やご自宅でも冷房がつきはじめたことと思います。
最近は、夏でも冷房によって体が冷えている人が沢山います。
体が冷房によって冷やされてしまうと、様々な不調が起こってきます。

たとえば・・・
・首や肩のコリ、頭痛
・腰や足の痛み、しびれ
・体のだるさ、むくみ
・胃や腸などの消化器系の不調
・顔の乾燥や吹き出物などの肌トラブル

冷房によって体が冷やされると、全身の血行が悪くなります。
肩や腰など、筋肉への血の巡りが悪くなると、酸素不足・栄養不足の状態となり、肩こりや腰痛、足の痛み、関節痛などが引き起こされます。

また、冷えが体の深部に到達すると自律神経系のバランスが乱れたり、 内臓(特に消化器系!) の不調も現れてきます。

体を冷やさないのが一番ですが、「会社の冷房の設定温度を変えられない」 という声も多く聞きます。

そこで今回は、自分で作れる『大豆パック』を紹介します。
作り方はとっても簡単です☆

(1)スーパーで大豆(約250グラム)を購入する。
(2)綿の靴下(ふくらはぎ丈)を片方だけ用意する。
  (なるべく化学繊維の含まれていないものの方が良いです)
(3)大豆をそのまま靴下へ入れる。
(4)大豆を入れた靴下のくるぶしあたりで結ぶ。

これで出来上がり!!

あとは、このまま電子レンジで1分チンして体の温めたい所に乗せるだけでOK!!
何度でも繰り返し使えるのでお財布にも優しいです(*^^*)

今年は、大豆のチカラで体の冷えを撃退しましょう!!


>> ほかのコラムも読む

>> 千里堂調布治療院(男女とも可)トップページへ

>> 千里堂経堂治療院(女性専門)トップページへ