◆◇◆ カンタン風邪予防 ◆◇◆

風邪かな、と思う瞬間がありませんか?
なんだか頭が痛いような、寒気がするような・・・

そんな風邪の気配を感じたときには、大急ぎで「首の後ろのツボ」を温めましょう。

風邪とは文字通り「風の性質を持った邪気」による病ですが、首の後ろには「風門」「風池」「肺兪」「定喘」といった風邪に関連の深いツボが集中しています。
風邪の引きはじめに首すじがゾクゾクしませんか?

それが風の邪気が忍び込んだ証拠なんです。

そこですかさずツボを温めます。
ツボの目安は、下を向いたときに首の後ろにポコッと飛び出る骨を中心に、掌で覆えるくらいのエリアを狙います。
ドライヤーでちょっと熱めにじっくり温めましょう。

軽く絞った濡れタオルをビニール袋に入れて、レンジでチンすると温湿布が作れます。
これをツボエリアにあてがうのも◎。
冷めたらレンジにかけ直して、しっかり温め続けます。

体全体が温まり、嫌な寒気がふっと抜ける感じがしたらもう大丈夫。
そのまま放置して本格的な風邪になる前に、水際で撃退してしまいましょう。

日頃から気をつけていたのに、しまった!と感じたとき。
そんなピンチにおすすめのギリギリ風邪予防法です。


>> ほかのコラムも読む

>> 千里堂調布治療院(男女とも可)トップページへ

>> 千里堂経堂治療院(女性専門)トップページへ