◆◇◆ アトピーとうまくつきあう ◆◇◆

アトピー性皮膚炎の方は汗腺がうまく働かずに、皮膚の下に熱がこもってかゆみが出ている場合があります。

なので、半身浴でじっくり汗を出し、老廃物や毒素を排出することがオススメです。


まず、39〜40度程度のぬるめの湯に腰まで浸かり、徐々に熱いお湯を足すか追い炊きして、少なくとも20〜30分かけて42〜43度くらいまで温度を上げます。

お湯につからない上半身は、乾いたバスタオルを肩に羽織って冷やさないようにしてくださいね。

半身浴をすると汗をたくさんかきます。
そのままでは血液循環が悪くなりますので、入浴中でも適宜水分補給を心掛けてください。

なお、入浴時に身体を洗うときは、洗浄力が弱い石けんを使用して、泡で軽く洗い流す程度にしてください。
そして泡は身体に残らないように十分にすすいでください。

入浴後は保湿ケアをお忘れなく!

また、毒素の排出を促す根菜類、海藻類、発酵食品(にんじん、大根、ごぼう、れんこん、わかめ、昆布、ひじき、のり、味噌、納豆など)を積極的に摂っていくことも症状軽減の助けになります。


日常生活を少しずつ変えていくことで、あなたの症状が少しずつよくなることを願っています。


>> ほかのコラムも読む

>> 千里堂調布治療院(男女とも可)トップページへ

>> 千里堂経堂治療院(女性専門)トップページへ