◆◇◆ 花粉症を予防するには ◆◇◆

もうすぐ花粉症の季節ですね。

・くしゃみが止まらない
・鼻がグズグズする
・目がかゆい
・顔がむくむ

年々、花粉症になる人が増えています。

花粉症は、排気ガスや光化学スモッグによって体内の免疫が破壊され、異物を過剰に排除しようとすることによって起こります。
花粉が体内に入ると、体が花粉を「侵入者(敵)」と認識し、花粉に対する「IgE抗体(ガードマン)」をつくります。
そして一度「IgE抗体」ができてしまうと、それ以降は花粉(抗原)が入ってくる度に「体の中から出て行け〜!」と攻撃を仕掛けます。
この戦いが繰り広げられるのが肥満細胞(マスト細胞)で、化学伝達物質を体内に撒き散らします。

この化学伝達物質で有名なのが、ヒスタミン、ロイコトリエンと呼ばれるもので、これが周囲の組織を刺激して
・くしゃみ
・鼻水、鼻詰まり
・目の痒み
・顔のむくみ
などの花粉症の症状を引き起こすのです。


花粉症対策で大事なのは、花粉を体内へ入れないこと!!

・マスクをする(鼻と口からの侵入を防ぐ)
・メガネをする(目からの侵入を防ぐ)
・外から帰ったら衣服についた花粉をはらう
・うがい、手洗い、顔洗い
・洗濯物は外に干さない
・便秘をしない(腸内環境を整えると免疫力が高まります)
・疲れを溜めない
・睡眠をたっぷりとる

花粉症は、体調を整えておくことで症状を抑えることができます!!
今年の花粉症対策は、体調を整えるところから始めてみてはいかがですか?


>> ほかのコラムも読む

>> 千里堂調布治療院(男女とも可)トップページへ

>> 千里堂経堂治療院(女性専門)トップページへ